顔のゆがみ・骨盤矯正ならお任せください 

「美容矯正サロン」エンゼルハート

Angel Heart

Since 1996
 

妊活・マタニティ・産後

 

フェイスメニュー

 

ボディメニュー

 

コースメニュー

 

ホリスティックケア

綺麗に光輝く未来の貴方の為に

 

女性特有の症状に悩んでいる方や症状が無い方にも 
身体の健康から心の健康までお役にたてるお店になれたら 


 

ホルモンバランス

 
 

 

<ホルモンの種類>

◆卵胞刺激ホルモン(卵巣内で未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させる)
◆黄体化ホルモン(LH) (排卵とプロゲステロンの分泌を促す)
◆コナドトロピン(下垂体の性腺刺激ホルモンから産生されるホルモンである
◆エストロゲン(卵巣や胎盤で産生され、血中を介して乳腺や子宮内膜に達した後に        エストロゲン受容体に結合してエストロゲン作用をもたらす)
◆プロゲステロン(排卵後の卵巣から分泌される卵胞ホルモンと                                                子宮内膜を厚くして着床しやすい状態に導く)
◆黄体化ホルモン放出ホルモン(視床下部で合成されるホルモンで、垂体からの                    黄体形成ホルモン(LH)とろ胞刺激ホルモン(FSH)の放出を促進する。)

不妊・妊活 

 

<不妊・妊活 (妊娠に向けたケア) >

◆不妊治療と併行してケアを受ける事でいい結果を出している方もいらっしゃいます。
また、高額な為不妊治療を諦め、エンゼルハートのケアを受け、自然妊娠を成功した方も多くいらっしゃいます。 ※現在、病院にて不妊治療を受けている方も勿論大丈夫です。
◆「2人目不妊やクリニックに通っているけど結果が出なくて焦りと不安を感じてる方へ」
子宮と卵巣に血液の循環を送り届ける事が、大切と言われ。
質のいい卵子を作るには、ホルモンや栄養が必要です。そのホルモンや栄養を送り届けるのが、血液なんです。
◆当院での施術に並行して、自宅で出来る呼吸法や、骨盤内で血液が滞らないように正しい姿勢や歩き方などをお話ししています。
◆生理痛などの痛みや、自身が経験した4人の出産経験を基に、患者さまの悩みや不安も一緒に共有し、最短で妊娠に近づくための最善策を一緒に考え取り組んで行きます。
不妊治療は、身体的な負担だけでなく、精神的な負担も大きいです。患者さま自身が、自分の身体と向き合い、ご自身の身体をしっかり知ること重要ですし、そこから妊娠に繋がっていきます。
◆病院では、なかなか聞きにくい事や分からない事なども、お気軽にご相談ください。

*体外受精移植前サポート
◆移植直前にできることはあります。遠方でなかなか通院できない方や急な移植スケジュールの変更があった方にオススメです。
 


マタニティ

 

<マタニティ> 

◆妊娠過程中は、身体が大きく変化します。さまざまなトラブルや痛みの軽減を目的におこないます。
◆マタニティブルー、初めての体験により、内面的なさまざまな精神的トラブル解消
 お一人で悩まず、不安な事は気軽に打ち明けてください。
 

 

産後

 

<産後> 

◆産後の骨盤矯正はエンゼルハートにお任せ下さい!
妊娠中はリラキシンという女性ホルモンの影響で、様々な関節や靱帯が緩み、お産に備えます。この為、出産の時ばかり骨盤が開いてしまうのではなくて、妊娠中から徐々に開いていきます。
骨盤にある仙腸関節という部分にアプローチして、正確に矯正していきます。
妊娠中や産後の骨盤サポート用に”トコちゃんベルト”なども販売されているようですが、骨盤は締め付けるだけでは元に戻りません。
正しく骨格の位置を分析して、早めに矯正をするのがおすすめです。
産後の骨盤矯正は、産後1ヶ月から始めて、産後3~4ヶ月までの間に集中的に行う事が理想です。
 

更年期障害

  

<更年期障害> 

◆更年期になると、加齢に伴う卵巣機能の低下によって、卵巣から分泌される女性ホルモン(エストロゲン)の量が減り、これが脳の視床下部(ししょうかぶ)にある自律神経中枢に影響を及ぼして自律神経失調症を引き起こします。
代表的なものは、ホットフラッシュ(顔ののぼせ、ほてり)、発汗などの症状です。
その他には、疲労感・めまい・耳鳴り・難聴・力が入らない・喘息・胃潰瘍・不眠症・頭痛・動悸など自律神経失調症と同じような症状が出てきます。 
◆更年期障害が強く出る方は、ストレスや副腎機能の可能性も。
加齢により卵巣機能が低下し女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが減少し、卵巣に代わって副腎皮質が女性ホルモンを生産します。この副腎が既にストレスで疲労してしまっていたり、副腎に正常な神経伝達が出来てない状態(サブラクセーション)だと、エストロゲンが減り、更年期障害特有の自律神経失調症を引き起こしやすくなります。
卵巣機能と副腎機能が活発になるようなケアを行っていきます。
 

生理痛   
  
 

<生理痛>  

◆ホルモンバランスの乱れからプロスタグランジンの分泌が増加する事や、子宮の収縮につながったり、子宮内の血流が悪くなり、そこから生理痛が起こル事も少なくないと言われています。
骨盤や内臓のゆがみを改善し、ホルモンバランス(甲状腺ホルモン、女性ホルモ)を整える事で生理痛の緩和を促します。

◆骨盤の歪みから、靱帯(仙骨子宮靱帯、基靱帯、子宮円靱帯など)のバランスが乱れる事で子宮にまで歪みが生じる事も、靱帯卵巣や子宮が圧迫されたり、骨盤内の血管が圧迫され血液循環が滞ったり、生理周期に合わせた骨盤の開閉が出来なくなったりする事も考えられます。
骨盤と連動する頭蓋骨も一緒にゆがみを改善をする事で、更に結果も早まり子宮環境が整う事で、生理痛の緩和へと導きだします。

 
 


婦人科系の術後  
   

<婦人科系の術後>  

◆婦人科系の手術前の痛みで辛い思いをされ、手術後は痛みから逃れられると思い、勇気を出して手術をするのですが、術後はホルモンバランスを崩したりリンパの流れが悪くなって体調が思わしくない方も少なくありません。
◆ホルモンバランスがダメージによって崩れ、免疫力も低下し、体調が優れない事で不安から内面的にも暗くなって、どんどん悪循環に・・・そんな時こそ筋肉筋膜矯正や内臓矯正、そして骨格矯正を同時に行う事で、心身がとっても軽く心もスッキリ!
カウンセリングを行って今のお身体に必要なメニューを一緒にご相談しながら決めましょう。